麻雀の役:ピンフ・タンヤオ・役牌

これまた麻雀の超重要役のピンフ・タンヤオ・役牌です。
はっきりいってこれしらずに麻雀なんてできません。


ピンフ(ピンフ):1ハン
メンゼン状態(鳴いていない)でのみ成立。すべてが順子(連番3つ)でないといけない。最後の待ちはリャンメン待ちでないといけない。雀頭は役牌以外で無いとダメ。とにかく絶対覚えるべき役。 ルールによってはツモはだめで、ロンのみしかだめな場合もある。

(例)

上がピンフの例。すべてが連番。
最後の待ちはリャンメン待ちを忘れずに。


タンヤオ(断ヤオ):1ハン
これも重要役。1、9、字牌以外を使用して完成。
ルールにより、「ポン、チー」などを使用できる場合とできない場合がある。「鳴き」使用して作ったタンヤオを「喰いタン」と呼ぶ。

(例)

上がタンヤオの例。すべてが1、9、字牌以外。
ようするに2から8で作る。色々な役と複合し、上で紹介しているピンフとも複合します。


ヤクハイ(役牌):1ハン
三元牌「白(ハク)」「発(ハツ)「中(チュン)」もしくは風牌を刻子にする(3枚集める)。 ただそれだけ。これも麻雀やってるとよく見かけると思う。別名「特急券」。なぜかというと、ポン、チーが可能であるから比較的早い段階で役ができる。 最初に配られた牌に三元牌とかが2個あると、速攻鳴く人も多いです。スピード重視の役。

(例)

上が役牌の例。三元牌もしくは風牌が3つあればいい。
ポンチーカンなんでもOK。非常に簡単な役。


上記3つも麻雀の役では最重要グループ。実際にやってるときにかなりよく目にする役だと思う。覚えてないとまず麻雀には勝てません。

イーペーコー・トイトイホー・ホンイツ

無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ