麻雀の役:2ハン

2ハンの麻雀役を一覧しています。


トイトイホー(対々和):2ハン
すべての面子を刻子(同じ牌3つ)で作る。ポンなどはしまくってOK!
比較的狙いやすい役の一つ。

(例)

上がトイトイホーの例。すべてが刻子。
刻子なので、ドラがのった場合一気にドラ3とかつく可能性あり。
タンヤオなんかとよく複合する。


サンショクドウジュン(三色同順):2ハン(1ハン)
同じ連番の順子をピンズ、マンズ、ソーズの3種類用意する。ピンフなんかを作っている時ぼちぼち複合。チーしても成立するが、1ハンに食い下がる。

(例)

上が三色同順の例。そのまんま三色同じ並びがある。
見た目にも美しい役。ただスピードを考えた場合、無理に3色を狙いすぎないように注意。無理に狙うとあがりスピードが遅くなる。


イッキツーカン(一気通貫):2ハン(1ハン)
1種類の牌の1から9までで順子を作る。
鳴くことも可能だが、鳴くと食い下がりし、1ハンになる。
イッツーと略されることが多い。

(例)

上がイッツーの例。この場合マンズの1から9で順子ができている。
比較的作りやすい役でまあまあよく見る。


チートイツ(七対子):2ハン
麻雀役の中でもちょっと独特の役。名前どおり、対子(トイツ)を7個あつめる。対子(トイツ)とは同じ牌2枚のこと。当然ながら鳴きは無理。

(例)

上がチートイツの例。トイツが7個ある。
結構頻度の高い役。覚えるべし。これを狙った場合、捨て牌がばらばらになるので、相手に読まれやすい役ではある。


サンアンコー(三暗刻):2ハン
その名の通り、暗刻を3つ作る。鳴いてもいい。暗カンは暗刻とみなされる。それほど頻繁には見ない。

(例)

上がサンアンコーの例。この場合マンズが三つアンコになっている状態。
ソウズでチーしているが問題なく成立。鳴きはOK。


チャンタ:2ハン(1ハン)
すべてのメンツに1か9+字牌で構成されている。
鳴くと食い下がりするので1ハンになる。

(例)

上がチャンタの例。
ぶっちゃけ作るのは簡単ではなく、最初の配牌がよほどよくないかぎり狙うほどの役ではない。捨て配も4・5・6とか平気できっていかないといけないのでばれやすい。中盤から後半はロンされる危険も高い。


ホンロウトウ(混老頭):2ハン
字牌と1か9のみで構成。チャンタを難しくした感じ。鳴いても食い下がりはしない。ホンロウトウが成立すると100%トイトイホーと複合するので2+2の4ハンになる。

(例)

上がホンロウトウの例。簡単に言うとトイトイホーを1か9と字牌で作る感じだと思っていいです。鳴かずに作るのは難しいですね。


ショウサンゲン(小三元):2ハン
三元牌である「白」「発」「中」のうち2つを刻子にして、残りを対子にすると完成。 役牌が2つ複合するので4ハンになる。
(役牌1ハン×2+ショウサンゲン2ハン)

(例)

上が小三元の例。
比較的見る役。まだ作りやすい。
「ポン」してもよいし、食い下がりもしない。


サンカンツ(三槓子):2ハン
カンを三回すると完成。運の部分がだいぶある役。狙ってできるものでもないと思われる。

(例)

上がサンカンツの例。ぶっちゃけかなり運に左右される役。特に狙うほどではない。カンしてドラがのると一気にハン数があがる可能性はある。


ダブルリーチ:2ハン
最初に配られた牌でテンパイ状態ですぐにリーチをかけると成立。
一言でいうと運。狙えるわけではないので決まればラッキー程度。
いきなりダブルリーチが来た場合、安全な牌などがわからないので、危険だが、どうしようもない。一発あてられたらヘコむが運が悪かったと思いあきらめよう。

サンショクドーコー(三色同刻):2ハン
同じ数字の刻子をピンズ、マンズ、ソーズでそろえると完成。
ポン、カンをしてもOK。食い下がりなし。

(例)

上がサンショクドーコーの例。
これもハン数のわりに結構難しく、あまり見ない。
からんだらラッキーぐらいでいい。狙うほどではない。


3ハン

無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ