麻雀の符計算

麻雀の点数計算でやっかいなのが符の計算です。
覚えるまでは少々難しいかもしれませんが、がんばって覚えましょう。

符点は牌の組み合わせなどによって決まりますが、まず副底というものがあり、あがった人に無条件で20符つきます。

さらにあがり方による符点もあり、メンゼンでロンあがりの場合は10符、ツモあがり(メンゼンでなくてもよい)した場合は2符がつきます。

ここまではすぐ覚えられますので、しっかりと覚えましょう。
次は組み合わせによる符の計算ですが、


順子
順子(4・5・6とか7・8・9)には符はつきません。


刻子
ヤオチュー牌(一九牌・字牌)のアンコーは8符です。ポンした場合は半分の4符になります。
それ以外の数牌のアンコーは4符、ポンした場合は半分の2符になります。


槓子
ヤオチュー牌(一九牌・字牌)の暗槓は32符です。明槓した場合は半分の16符になります。
それ以外の数牌の暗槓は16符、明槓の場合は半分の8符になります。


雀頭
通常の数牌の場合(1から9)は符はつきません。三元牌(白・発・中)の場合は2符。
場風牌が雀頭の時も2符。自風牌が雀頭の時も2符。連風牌が雀頭の時は4符。オタ風牌が雀頭の時は符がつきません。


待ちによる符点
単騎待ち、ペンチャン待ち、カンチャン待ちは2符。それ以外は符はつきません。


あがった場合、これらを足して、1の位は切り上げします。
すべて足して42符になった場合は50符になります。

注意点
ピンフの場合はツモ符による2符はつきません。ロンの場合のみ10符つきます。
ピンフはツモなら20符、ロンなら30符になります。

以上で麻雀の点数計算は終了です。
ゆっくりじっくりと覚えていきましょう。


無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ