麻雀のツモとロン

麻雀をあがる前の待ちの形を勉強しましたが、あがり方にも2通りあります。 それが「ツモ」「ロン」です。 麻雀のあがり方はこれがすべてです。

「ツモ」とは?
ツモとは最後のあがり牌を自分で引き当てることです。
自分の番に牌をひいてきて、その牌であがりであれば「ツモ!」とかっこよく決めましょう。

「ロン」とは?
ロンとは最後のあがり牌を相手の捨てる牌で補充するといったところでしょうか。 相手が捨てた牌が自分のあがり牌だった時「ロン!」と自慢げにいいましょう。

先程の例をあげると

具体的にはを引いてきたら「ツモ」で相手が捨てたら「ロン」であがりです。

ただこの場合、「ツモ」だとあがれますが、「ロン」だとあがれません。
これが麻雀の難しい所です。ここでいよいよ「役(やく)」というものが登場することになります。麻雀は役がないとあがれないのです。初心者泣かせな部分ですね。 次はあがりのルールを解説します。
役がないとあがれない

無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ