麻雀の点数について

麻雀の点数についてですが、麻雀は最初にもち点があるんですが、これはやる場所、ゲームルールによって異なります。 最近は25000点スタートが多いと思います。やる場所などによって違うので、最初に確認しておきましょう。

麻雀の役の点数ですが、ざくっと一覧しますので覚えておきましょう。本来は「符」というものがあり、もうちょっとややこしいのですが、この一覧でも十分実用性はありますので覚えておきましょうね。

点数一覧
1ハン  1000点
2ハン  2000点
3ハン  3900点
4,5ハン  8000点(満貫)
6,7ハン  12000点(跳満)
8,9,10ハン 16000点(倍満)
11,12ハン  24000点(三倍満)
13ハン以上 32000点(役満)
あくまで簡易ですが、大体これを覚えておけば大丈夫です。

あがった時の点数の分配ですが、麻雀には「親」と「子」というものがあります。1人が親、残り3人が子です。親は順番にかわります。

親と子はどう違うのかということですが、「親はあがった時の点数が1,5倍になる」という特徴があります。 点数の移動についてですが、「ロンあがりの時は、ロンした相手から点数をもらう。」「ツモあがりの時は親が半分、残りを子で2等分する。」「親のツモあがりは子3人で均等にわける」

ぶっちゃけこれだけです。ちなみにロンされることを「振り込むまたは放銃(ほうじゅう)」といいます。振込みには注意しましょう。
親に振り込むと、点が一気に飛んでいきますよ。
大体のルールは終了です。次は実践についてです。
まとめと実践

無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ