リーチとフリテンを覚えよう

それでは麻雀の役の基本にして最強ともいえるリーチと麻雀のルールのフリテンの勉強をしましょう。ちなみに管理人は良形テンパイ即リーが大好きです。
さっきでてた例をあげると、

この状態の待ちはの両面待ちです。 ここで一つ覚えて欲しいのが、
「あと一つであがれる状態にあることをテンパイという」
麻雀用語の一つですね。覚えましょう。私生活でも「テンパッてる」とか使ったりしますね。
で、リーチを教えるわけですが、リーチはこのテンパイの状態で可能になる役の一つです。

ちなみにテンパイの逆の意味を「ノーテン」といいます。
麻雀でよく使われる言葉なので覚えておきましょう。

どうすればいいのか?ということですが、「リーチ!」と宣言し、1000点を供託金として払います。これだけです。ちなみにリーチは1ハンです。

これで1ハンつくので、役ができてあがることができます。
もちろんロンもできますよ。

リーチの欠点としては「テンパイをみんなに宣言する」ので、テンパイがばれる。
他の人が警戒する。自分の牌を変更できない。
などのデメリットがあります。

メリットとしては、役がなくてあがれない時でも、とりあえずリーチすればあがれる。
役が1ハンつくので、点数アップが見込めます。

ではリーチすればとりあえずあがれるのか?ということですが、そうでもありません。麻雀ルールに「自分の捨てた牌はロンできない」(フリテンという)があります。 自分が捨てた牌でロンはできないのです。

ただし、自分が捨てた牌を自分で引いてきた場合はあがれます。ここにだけ注意してください。
すべての役に適用されます。フリテンといいますのでよく覚えておきましょう。

次も基本的な役で、よくおめにかかる役牌を勉強しましょう。
役牌を覚えよう

無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ