麻雀のポンとチーのメリットデメリット

今回は麻雀のポンとチーのメリットとデメリットを確認しておきましょう。
相手の牌を使用できるポンとチーですがポンとチーをすることを「鳴く(なく)」といいます。まず覚えておきましょう。

鳴きまくればいいやん!と思いがちですが、そんなに甘くもありません。
デメリットの一つとして、「鳴くとリーチできない」というのがあります。 リーチができないということは役が無い場合、テンパイ状態ではあるが、あがれなくなることがあります。 この状態を「ケーテン(形式テンパイ)」といいます。 特に初心者の場合、へんに鳴いてあがれなくなることもよくあります。私もはじめの頃はよくやりました。 まずはこれに注意しましょう。

もう一つは「鳴くと役のハン数がさがる役もある」ということ。
2ハンが1ハンになったりして、点数が低くなります。
例えばチャンタという役やホンイツという役はハン数がさがります。

鳴いた牌は相手に見せるので、狙っている役などがばれやすいというのもデメリットになります。

続いてメリットですが、「相手の牌を使用する分、スピードがアップする」ということ。 基本的にはあがりがはやくなるということですね。スピードを重視する場合、鳴きのうまい人はすごいスピードであがります。

ちなみに先程紹介した「役牌」という役は鳴いても1ハンのままなので、よく見かけると思います。なにしろ特急券ですから。 役牌鳴きの即あがりはスピードを重視する場合は基本といってもいいでしょう。

ちなみに鳴いていない状態を「門前(メンゼン)」といいます。
で、初心者へのアドバイスとしては、とりあえず麻雀をある程度覚えるまでは鳴くな!とアドバイスしておきます。 点数が安くなったりと、初心者向けの技術ではありませんので、とりあえずは知っておくことだけにして、使用はしないことをオススメします。
その方が麻雀の上達が早いと思いますので。
次はドラの説明です。→ドラについて

無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ