麻雀のポンとチー

麻雀のルールに「ポン」「チー」というのがあります。今回はそれを勉強しましょう。ポンとチーは簡単にいうと、人の牌を使うことができる技です。

例えば、上の状態の時(まだテンパイじゃありません)に他の誰かが、 を捨てた時、「ポン」することができます。ポンができるのは「対子(トイツ)」のみです。「対子(トイツ)」というのは同じ牌が2枚ある牌を指します。 上の場合、が2枚ありますね。
ですからこの2つのみポンができます。

チーとはのように、あとひとつで順子ができるときに使えます。
この場合だと、が捨てられたときに「チー」ができます。
ただチーに関しては、自分の席の左側の人からのみです。

確認しておきますと、ポンは誰の捨て牌からでもできる。チーは左側の人の捨て牌からのみになります。忘れないようにしましょう。

ポンやチーした場合、置き方もありまして、

↑のようになります。より詳しくすると、

左の人からポン

正面の人からポン

右の人からポン

チーの場合は左の人からしかできないので、必ず左を横にします。

ポン、チーの仕方は、こちらがポンとチーをしたい牌を相手が捨てた場合、「ポン!」「チー!」といえばOKです。

今回は形式的なポンとチーの仕方を解説しましたが、次はポンとチーのメリットとデメリットを説明します。
ポンとチーのメリットデメリット

無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ