麻雀のカンについて

今回は麻雀のカンについて説明します。
カンはポンやチーと同じように「鳴き」と呼ばれる行為の一つです。
簡単にはポンの4つバージョンだと思ってくれて結構です。

本来麻雀は3つで1メンツなんですが、カンをすることで、4つでも1メンツができます。

例えばこの手持ちの場合、

を他人が捨てたとき、もしくは自分が引いてきた時に「カン!」といえばカンができます。相手の捨て牌からもらうことを「明カン(ミンカン)」といい、自分のツモでカンすることを「暗カン(アンカン)」といいます。

カンは「同じ牌を4つ集めると1つのメンツにできるということ」です。
同じ牌のみなので注意してください。連番では無理ですよ。

置き方は、
「明カン(ミンカン)」の場合、ポンと同じ要領で、

という感じにします。

「暗カン(アンカン)」の場合は、


のようにして、左右の牌を裏にします。

カンの注意点としては
相手の捨て牌で「カン(明カン)」した場合、ポンやチーと同じように「リーチ」できなくなる。
たったこれだけではカンをする意味ないやん!と思うかもしれないですね。しかし、ちゃんとメリットがあるのです。

「カンをすると、ドラの表示牌が一つ増える。」というのがメリットです。もしうまくはまれば、ドラが一気に増えて、高得点のチャンスです。ただし、自分だけではなく相手のみんなもドラが増える可能性があるので注意しましょう。

ちなみに初心者の間はそれほどカンにこだわる必要はありませんし、ミンカンの場合はリーチもできなくなるので、あまりカンを使わなくてもいいと思います。 慣れてきたらやってみましょう。次は点数について解説しましょう。→点数について

無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ