麻雀のあがりの形

麻雀は牌を色々な組み合わせによって「あがり」を目指します。
あがるための基本の形ですが、基本は
「3枚で一組が4つ」+「2枚で一組の雀頭」
になります。これを覚えておきましょう。
ちなみに3枚で一組になったものを「面子(メンツ)」と呼びます。
あがりを具体的に例を出しますと、


これが一つの例です。ぱっと見た感じでもなんとなく3枚で一組のグループが4つで2枚で一組の雀頭があるのが分かると思います。具体的な一つのグループとしては「順子(シュンツ)」「刻子(コーツ)」と呼ばれる作り方があります。
各それぞれの説明と、作り方を説明していきます。

「順子(シュンツ)」の作り方
まず順子とは何かというと、同じ種類の牌の連番、例えば1・2・3や7・8・9などの3つ続いている数牌のことを指します。
例をあげると、

他にもなどが順子になります。
この連番の形が麻雀ではあがるための一つのグループになります。
ここでよく勘違いする方が多いのですが、連番と認められるのは同じ種類の数牌です。たとえばマンズならマンズの4・5・6、ソウズならソウズの1・2・3などです。マンズとソウズで1・2・3などは認められませんので注意してください。具体的なだめな事例は、

などです。 必ず、同じ種類のマンズならマンズ同士、ソーズならソーズ同士、ピンズならピンズ同士で3つ連番にしてください。

さらに注意点としては数字が一周する8・9・1などは認められませんので注意してください。

「刻子(コーツ)」の作り方
刻子(コーツ)とは同じ牌を3つ集める方法です。非常に簡単で、同じのを3つ集めればいいです。例えば

などです。同じ牌を3つです。
これを刻子(コーツ)と呼びます。

麻雀をあがりにもっていくにはこれら順子(シュンツ)と刻子(コーツ)を4組そろえてそれに「雀頭」(アタマなどともいいます)という同じ牌を2つ集めてできる、14枚の牌を作ればあがる事ができます。 ここで最初の例を見てみましょう。


今ならもうわかりますね?順子が2組、刻子が2組、雀頭というようになっていますね?わかりますか? もしわからなければ、もう一度ゆっくりと復習しましょう。

わかった方は、次はあがるための「待ち」について解説します。
麻雀の待ちの形

無料オンライン麻雀
↑【PC用】無料でネット麻雀するなら雀龍門3がおすすめ!ネット麻雀で最高レベルのリアルさ。


↑【スマホ用】スマホで麻雀するならモバゲーがおすすめ。

このページの先頭へ