ターツの比較

いわゆる牌効率などを考える時に頭にいれておかなければならない基本事項です。
ターツとはあと一枚で順子(シュンツ)ができる2枚組みを指します。
ターツにも色々な種類があり、具体的には

ペンチャン…1・2もしくは8・9のターツ
カンチャン…間が抜けているターツ
リャンメン…両面で待てるターツ

ちなみにこれらのターツがシュンツになるための効率を考えてみると、
ペンチャンはの4枚。
カンチャンはの4枚。
リャンメンはの8枚。

もうわかりますか?最も効率の良いのはリャンメンですね。単純計算で2倍です。
ペンチャンとカンチャンは一見同じように見えますが、その後の発展性に違いがあります。

のペンチャンの発展性はをツモってのシュンツ完成、もしくはをツモってを捨ててののカンチャンへの変化。
その後でようやくリャンメンになります。

のカンチャンの発展性はでシュンツ完成。のツモでリャンメンへの発展になります。

まあようするにペンチャンはそのままツモって完成するか、発展してもカンチャン、さらに発展してようやくリャンメンになるということです。カンチャンの場合はすぐにリャンメンへ発展が可能です。

以上のことから、
リャンメン>カンチャン>ペンチャン
ということになります。これは手順における基本的なことなのでしっかりと覚えておきましょう。


無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!

このページの先頭へ