裏スジ

これは麻雀の守備における読みの一つの方法です。
裏スジとは捨て牌の隣の牌のスジのことをさします。
一般に少し危険度の高い牌をされています。
それはメンツ作成段階の牌のメカニズムによります。
どういうことかというと、

例えば、あなたがと持っているとします。
(他のメンツは完成しているとする)
ここでをツモしてきました。あなたならどれを切りますか?
普通に考えてリャンメンで待てるようにを捨てるはずです。

これが裏スジのメカニズムです。これにより、アタリ牌は1の隣のスジであるとなります。

これが危険度が高いといわれるゆえんです。裏スジだけでは必ずしも読みができるようになるわけではありませんが、読みの一つの要素としてしっかりと覚えておきましょう。

裏スジの対応表を下に示しておきますので、暗記しちゃいましょう。

の裏スジは
の裏スジは
の裏スジは
の裏スジは
の裏スジは
の裏スジは
の裏スジは
の裏スジは
の裏スジは

隣の牌のスジなので比較的覚えやすいと思います。覚えにくい方は捨てられた牌に1と4をプラスかマイナスか見たいな覚え方もありです。私も最初はこれで覚えてました。

よく使う麻雀の読みの知識です。ただ有名な本である科学する麻雀にはそれほど気にするなと書かれてあったりしますが…。一応覚えておくに越したことはないでしょう。

間4軒


無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!