麻雀の待ちの種類の確認

まずあらためて麻雀の待ちの種類を確認しておきましょう。
こちらが守る場合、テンパイしている相手は待っているわけですから。


リャンメン待ち

この場合の待ちは になりますね。
この待ちをリャンメン待ち(両面待ち)といいます。この待ちは麻雀において基本の待ちであり、普通はリャンメン待ち以上を目指します。この場合の待ち牌は6、9で各4枚づつあり、8枚のあたり牌があります。良い待ちといえます。麻雀における基本の待ちはリャンメン待ちです。すべての対局数において最も多い待ちです。


カンチャン待ち

この場合の待ちは になりますね。
この待ちをカンチャン待ちといいます。間を待ちます。
8は4枚なので、あがり牌は4枚になります。リャンメン待ちの半分の数しかありません。


ペンチャン待ち

この場合の待ちは になりますね。
この待ちをペンチャン待ちといいます。ペンチャン待ちの待ち牌は3か7です。
したがって1・2で3を待つか8・9で7を待つかの2種類です。あがり牌は4枚になります。


単騎待ち(タンキ待ち)


この場合の待ちはになりますね。
雀頭で待っている状態です。当然あがり牌は4枚です。


シャボ待ち


この場合の待ちはになりますね。
どちらかが雀頭になるという待ちです。
あがり牌は南2枚、ソウズの1が2枚の4枚です。


ノベタン待ち


この場合の待ちはになりますね。
これもどちらかが雀頭になるという待ちです。
ピンズの1と4のどちらかのタンキになっています。
あがり牌の数は1、4ともに3枚の計6枚です。


麻雀の待ちは基本的にこれだけです。例外として、上記の待ちが多数複合する場合があり、それを多面待ちといいます。チンイツとか狙っている時に多面待ちになりやすいですが、これは複数の待ちが複合しているだけなので、基本は上記の待ちがすべてです。
基本はリャンメン待ちです。覚えておきましょう。

現物


無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!