カベ

これもリャンメン待ちを仮定しての麻雀の守備方法の一つです。
使用頻度も比較的高いですので覚えておきましょう。

カベというのは場に同じ牌が4枚見えているときに有効な守備方法です。実例を出すと、

仮にだれかがをポンしていて3枚場に見えているとします。そしてあなたがを一枚持っているとします。もうはどこにもありません。

その場合、のリャンメン待ちは絶対にありえません。がもうないので、を起点としたリャンメン待ちは不可能です。したがって、は絶対にリャンメン待ちできないので安全になります。

注意すべき点は、のリャンメンがありえないからといってが安全であるとは限りません。なぜならを使用しなくても、のリャンメンでが当たり牌である可能性があるからです。

わかりやすいように以下にカベの対応表を作っておきますので、丸暗記してください。

が4枚見えている場合、は安全。
が4枚見えている場合、は安全。
が4枚見えている場合、は安全。
が4枚見えている場合、は安全。
が4枚見えている場合、は安全。
が4枚見えている場合、は安全。
が4枚見えている場合、は安全。
は該当なし。

少し覚えにくいとは思いますが、丸暗記しておくと、何も考えずに切ることができるようになると思いますので、暗記して実戦で使ってみて少しづつ覚えていきましょう。すべてリャンメン待ちに対してのみ有効です。

裏スジ


無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!