間4軒

これは裏スジの複合であり、危険度の高い牌を読む麻雀の技術の一つです。
一言で言うと、裏スジが重なったものです。
間4軒(あいだよんけん)と読みます。

同色の捨て牌に間が4軒(差が5つ)あるものがある場合、その裏筋は非常に危険であるということです。 理由は間が4軒ある牌同士の裏スジが同じであるということです。

たとえば、の裏スジはともにであり、1・6の両方が捨て牌にある場合、 裏スジ同士が複合しており、は最も危険なスジだといえる。これが間4軒のメカニズム。

裏スジが複合したものなので危険度が高いため、間4軒がある場合、オリるなら絶対に捨てないほうがいいと思われます。

間4軒の対応表を下に示しておきますので、暗記しちゃいましょう。
裏スジを覚えていれば、自然とでてきますよ。

が捨てられている場合、が裏スジ複合。
が捨てられている場合、が裏スジ複合。
が捨てられている場合、が裏スジ複合。
が捨てられている場合、が裏スジ複合。

跨ぎスジ


無料でネット麻雀するならYahoo!モバゲーがおすすめ!